会社員に退職はつきもの。

船員も同じで退職理由はさまざまです。

この人は辞めないだろうと思った人が、あっさり退職…なんてことは珍しくありません。

しかし大きなコストを掛けて採用した社員が、あっさり辞めてしまうのも会社にとって痛手です。

仕事や人間関係で早期離職する者は、全体の 64%を占め、船内における仕事、プライベートの悩みにより早期離職を選ぶ傾向が大きい。

出典元:⽇本航海学会論⽂集 第130巻 第129回講演会にて講演.若年船員を早期離職に導く要因.Factors that lead to early turnover of young Seafarers.https://www.jstage.jst.go.jp/article/jin/130/0/130_114/_pdf.(参照 2021-03-18)

可能ならば離職率を下げ、愛社精神を持って取り組んでくれる社員が欲しいところ。

今回は船員さんや会社さんから伺った、退職理由と離職率を下げるための対策について書きました。

退職理由の大半「人間関係」

24時間も同じ船で同じ人と生活をすると、窮屈さプレッシャーにさいなまれることは、往々にしてあります。

苦手な上司・部下が一緒なら、なおさらです。

大好きなメンバーなら乗船は早く感じますが、苦手なメンバーなら時間が経ってくれないような感覚に陥ります。

私も船員として、同じ経験を味わいました。

とくに甲板手の3年間は、昇進に向けてライバルも多く、嫉妬恨みによる陰口もあり、散々な時代を過ごしました。

航海士になると、重責を担うことになるので、人間関係よりも、毎日必死で業務遂行に力を入れていた記憶があります。

もし悩むとしたら、甲板部機関部との調整や、人の動かし方苦心するときです。

こういった「立場によって変わる人間関係の悩み」について、経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

人間関係の悩みは、就く役職にもよれば、職場によって異なります。

人間関係は、学校卒業後もっとも悩まされるものであり、退職の大きな要因となっています。

結婚や出産が決め手「家族事情」

船員は結婚出産に差し掛かると、乗船期間給与を見直します。

自分が家にいない乗船期間は、家族に負担をかけないか?給与は十分か?自分の人生設計を考え出すのです。

私も当時、先輩が出産について考え、さらに上の先輩からアドバイスを仰いでいました。

乗船・休暇期間を加味し、別の海運会社に転職した友人もいるほどです。

他に実家の家業である、漁師の仕事を継ぐ方もいました。

家族・家系事情は思った以上に根深いものです。

人の人生に影響を及ぼす要素でもあるため、採用の段階から考慮し、確認しておきたいところです。

体制や方針が大きく変化「会社事情」

海運会社とは、造船もあれば売船もあります。

会社が抱える隻数に増減があれば、抱える船員に影響を与えるのは明白です。

隻数によって人員の調整が入ることもあれば、売船して自分に合う船がなくなったので、転職する人も出てくるのです。

私が新卒で入社した当時の会社は、RORO船2隻、油タンカー1隻、LPGタンカー1隻を抱えていました。

RORO船が1隻売船すると、「タンカーには乗れない」という理由で、続々と退職したことがありました。

在籍した船員も「タンカーに乗るなら転職する」と言い張り、社内で物議を醸したものです。

会社によって形態も様々であり、船種も様々です。

会社の運営に、船員の人生は大きな影響を及ぼします。

離職率低下への施策を、定期的に見直すことが肝要

退職を「仕方がない」で過ごすことはできません。

再発防止のために、やはり重く受け止める必要があります。

船員とは、経験知識が物を言う世界といっても過言ではありません。

昨日初めて乗船して来たベテラン派遣船員よりも、数年働いた自社の船員の方がミスがないばかりか、一緒に乗船する船員の身体的心理的負担も減ります。

代わりがきかないのが、船員雇用の難しいところなのです。

だからこそ、退職理由に目を向け、改善していく姿勢が大切になります。

例えば退職の理由として、よく耳にするのが「入社前に得た情報」と「入社後に得た情報」にギャップがあり、「こんなの聞いていない」といった不満が挙げられます。

まずは、このギャップを取り除くことが肝要です。

他にも、将来のビジョンを共有し、新人教育の時から、数年後の収入役職などのイメージを与えておく方法もあります。

以上のように、離職率低下のため、離職原因と対策を定期的に調査することは、もはや必須と言わざるを得ないのです。